M3D 横浜でM3Dを取り扱う美容室です。 M3D 神奈川県 エリア認定講師サロンに認定されています。 M3D の事、お店の事、趣味の事等を書いていこうと思っています。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、kamoっち!です。

今日の朝は、冷え込みましたね~。

ムッチャクチャ寒かった~。

昨日の帰りに空調のタイマーを入れて行ったんだけどさ、お店

寒かったもん。

いつもは、お店、温かくなってるんだけどね、今日は「寒かった」。

何でも今日は、この冬一番の冷え込みだったらしいね、寒い訳だ

よね。

昨日のブログは、ちょっと重い内容になっちゃったんだけどさ、また

ちょっと寂しい事が有りました。

kamoっち!のお店にご来店頂いてる超!ご常連さんの家のワンコ

の「ももちゃん」が、10日の日に長い旅に出たそうです。

昨日、教えに来て頂いたんだけど、ちょうど忙しそうだったので一回

家に戻られ、夜にもう一度、来てくれたそうです。

でも、ちょうどお店が終わって、みんなで買い物に出てしまった時だ

ったので、会えませんでした。

今日の朝、お電話を頂き、お話を聞きました。

今日も朝一から、お客様がいたので、速攻でカラーを塗布し、後の事

をマネージャーと翔雅くんにお任せしてお花屋さんへ。
IMG_2831.jpg 
可愛い女の子に似合う花束を作ってもらい、それを持って「ももちゃん」

のお家へ行ってきました。

ももちゃんママは、まだ、気持ちの整理がつかないらしく泣いていました。

kamoっち!も、何回も涙を流してるから気持ちが凄く分かる。

「ももちゃん」の事を、子供のように可愛がっていたご夫婦だったので、シ

ョックは大きいと思います。

こちらのご夫婦には、お子さんがいなかったから。。。。

でも、「ももちゃん」はきっと幸せだったと思います。

朝夕のお散歩は必ずしていたし、とっても可愛がられているのが伝わって

来ていたもん。

「ももちゃん」、亡くなったと言っても、病気や怪我ではなく、いわゆる「老衰」

ですから。

16年と半年。

大往生だと思います。

それだけ、長い間、ご夫婦に愛されていた訳です。

いつも、いっしょに居たんだからね。
IMG_1695_20120112192019.jpgIMG_1696.jpg
はじめて、「ももちゃん」と、レオくんをご対面させた時の写真です。

この時は、14歳位だと思います。

レオくんがまだ、1歳位の時だからね。
IMG_1565_20120112192017.jpg 
これは、去年の1月頃の写真。

温かくして、お散歩中の時の写真です。

「ももちゃん」向こうの世界には、kamoっち!の所から旅立った、

しっぽの生えた天使達がいるから、仲良く遊んで下さいね。

ばいばい、また会おうね。。。。。

とっても幸せな「ももちゃん」へ。。。。。







話は、変わります。

昨日書けなかった、新しいお店の事を少しだけ書きます。
IMG_2829.jpg 
どうやら、看板はこんな感じになるらしい。
IMG_2830.jpg 
昨日、看板屋さんが持ってきてくれました。

本当は、サッシの所にドンって、看板を作りたかったんだけどさ、

「サッシに穴は絶対に開けないで」って、しかも、先に看板を付け

られてしまっているので、大きな看板はとめる所が無くて「無理」

なんだってさ。

で、こんな感じになって来ました。

サッシの縦棒が気に入らない・・・・・

ちょっと考えて、修正してもらいます。

後は、チャンネルの看板で、後ろが光るようにする。

なんでも、LEDの電飾を使うらしい・・・・・

LED 高いんだよな~。

まあ、仕方が無い。

シャンプー室の床も決まったし、トイレの床も決めたし、ここからは

早いかも?????

後は、壁をどうするかだな。

昨日は無理を言って、「手洗い場」を無理やり作ってって、お願いし

たし。

着々と進んでいます。

こう、ご期待!

ってな所で、今日はお終い。

最後まで読んでくれてあんがと、感謝します。

あしたは、13日の金曜日だ~って、思っている・・・・・






kamoっち!でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamotti111.blog114.fc2.com/tb.php/545-d28b1c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。