M3D 横浜でM3Dを取り扱う美容室です。 M3D 神奈川県 エリア認定講師サロンに認定されています。 M3D の事、お店の事、趣味の事等を書いていこうと思っています。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんわ、kamoっち!です。

今日の横浜は、夕方からポツポツと雨が降って来ました。

なんだか、とても久しぶりな感じがします。

まとまった雨ってこの頃降って無いように思う。

だから空気が乾燥しちゃってるのかな。

まぁ、良いお湿りですかね。

話は、思いっきり変わりますが、kamoっち!今、とっても

腹が立っています。

何かと言うとね・・・・・

まずは、日曜日の朝の事です。

お店へ向かう途中の交差点。

道の真ん中に何か有る・・・・・

kamoっち!は、一目でなにか分かりました。

「ニャンコ」でした。

kamoっち!は、車を停めて、「ニャンコ」を歩道の植え込み

の所へ移動しました。

まだ、温かくまるで生きているようでした。

でも、残念ながら絶命していました。

合掌して、お店へ。

次の日の帰り道。

前日、「ニャンコ」を見つけた所から 100m と離れていない

対向車線。

道の真ん中に何か有る!

またもや、kamoっち!は、一目で何だか分かりました。

「ニャンコ」です。

車を停めて、歩道の方へ移動。

二日連続の出来事でした。

昨日の夜、同じ場所を通った時、まだ、そのままで放置状態

でした。

その時は、何も持っていなかったので帰宅。

今日、朝少しだけ早めに家を出ました。

段ボールの箱と、ペット用のシートを持って。

「ニャンコ」をシートにくるんで段ボールの箱へ入れ、お店へ

連れてきました。

もう、冷たく、硬くなっていました。

そのあと、保健所へ電話をし事情を話して、お迎えに来てもら

いました。
IMG_2827.jpg 
花を飾ってあげました。
IMG_2828.jpg 
保健所の方が連れて行ってくれました。

そして、日曜日の「ニャンコ」も、そのままになってると聞き

保健所の方にお願いして迎えに行ってもらいました。

何だか、とっても悲しい気持ちになりました。

「ニャンコ」を轢いてしまったしまった、運転手さん。

せめて、道路のはじに移動ぐらいはしてあげましょうよ。

「ニャンコ」達が、轢かれてそのままになるとどうなるか

知っていますか?

他の車に轢かれ。

その上から、また轢かれ。

繰り返し轢かれ。

毛の生えたボロ雑巾のようになってしまうんですよ。

うわ~!

轢いちゃったよ~!

車、大丈夫かな~?

うわ~、へこんじゃったよ!

って、思ってたんじゃないですか?

たかが「ニャンコ」かもしれませんが、もしかしたら助かった

命かもしれません。

「ニャンコ」だって、一生懸命生きてるんです。

もし、絶命していたら、せめて移動して、合掌して、「ゴメン」の

一言ぐらいかけてあげて下さい。

本来なら、あと何年かは生きていたかもしれないんだから。

その命を奪った当事者なんだから。。。。。

「ニャンコ」の命も、「人間」の命も同じ命です。

命は、尊いものです。

こんな人ばかりになると、そのうち「人間」を轢いても、やっ

ちゃったよ~!

車、ベッコリだよ~!

って、そのままにして走り去っちゃう人も多くなるかも。

実際、「ひき逃げ」って、結構有るみたいですし。

保健所の方に「1日にどの位引き取りに行くんですか?」って

質問をしたら、「今日は20件位」って言っていました。

中区の保健所なので、これは横浜市中区のみの件数です。

横浜市だけで「区」は「18」有ります。

単純計算で、一日に「360」の命が奪われている計算です。

その中の何匹が、毛の生えたボロ雑巾になってるんだか。

悲しい気持ちになりました。

運転をする方は、車という「凶機」に乗っていると言う事を

忘れずに、自分の腕を過信せず、安全運転でお願いします。

kamoっち!は、今までにこのような事を何回しているか分か

りません。

皆さんに、「轢かれた動物を移動して」とは言いません(轢いた

人は、移動させてあげて下さい!)。

でも、携帯で保健所に連絡して下さい。

場所と、何かを伝え、自分の名前を言えば、あとは保健所

の方がやってくれます。

そうすれば、毛の生えたボロ雑巾になる子は減ると思います。

ちゃんと、成仏させて上げましょうよ、同じ、地球で暮らす動物

同士なんですから。

ちょいと重い話になりましたが、勘弁ね。

kamoっち!の所には、「ワンコ」や「ニャンコ」が沢山いるから

どうしても気になってしまうんだよね。

「手が汚れる」とか「気持ち悪い」とは思わない。

まずは「可哀そうに・・」って思っちゃう。

飛び出した「ニャンコ」が悪い時も多々あると思うけどさ。

それでも、「痛かっただろ・・・」って思っちゃう。

これは、kamoっち!の性格だからね。

そんな行動をするkamoっち!に、家の者は嫌な顔はしません。

「助けてあげて」って言います。

子供達もkamoっち!と同じ事をします。

良い子に育ってくれました。



kamoっち!からのお願いです。

「汚い・気持ち悪い」と思う前に「可哀そう」って思ってあげて

下さい。

轢かれた子たちは、好きで轢かれた訳ではないから・・・・・

お願いします。




どうしよう、新しいお店の事を少し書こうと思ったんだけどな。

ちょっと、重たくなりすぎちゃったからな~。


新しいお店の事は、明日書く事にします。

最後まで読んでくれてあんがと、感謝します。

「ニャンコ達」今度はよそ見しないで神様の所へ行くんだぞ~!

って、思っている・・・・・






kamoっち!でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kamotti111.blog114.fc2.com/tb.php/544-4135df9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。